歯科医院コンサルティング事例 ☆初回限定プラン☆

img_20131201_083708

■コンサルティング事例 : 歯科衛生士の退職と採用

スタッフ10名規模の歯科医院様での事例です。

 

チーフDHが退職することになり、院長先生も焦っていました。

そしてその焦りはスタッフに伝搬し、そのチーフ直系のスタッフも一人抜け二人抜け…

採用募集しても反応なし… そうした状況です。

 

歯科医院が変わる、変わらなくてはいけないときは、だいたいこうしたことがおきます。

そうした状況の中、当社に研修コンサルティングの依頼がありました。

 

そこで院長先生とコンサルを繰り返しました。

だんだんと医院がどう変わっていくかが明確になり、

そのために今の体制でできることからはじめることにしました。

 

結果として、

院長先生とスタッフとのコミュニケーションが今まで以上にスムーズになりました。

その中で研修を行い、一気に体制を再構築!

 

これは言葉では説明しにくいところですが、

医院の持つ雰囲気が変わると、人の流れが変わります。

 

そして新規採用2名、今も(執筆時点で)衛生士学校の学生で検討している子がいます。

 

ここでよかったのは、新しい医院にマッチした人材採用となり、

これまで以上に医院がまとまってきていることです。

 

 

私が関わっている医院様は、

臨床と経営を1人で考えないといけない院長先生が多いです。

 

その中で私との対話を通じて、日々の思考から離れることで、

私たちが共有している場から、次の施策が勝手に湧いてくる感じです。

この“湧いてくる”中にワクワク感があると、流れが変わります。

 

医院様によって状況が違うので、「採用はこの施策!」と言えないのですが、

この感覚を少しでもお伝えできればと思います。

 


 

この写真は、ラボコミュニケーションズの事務所の近くで撮影しました。

府中市是政、多摩川に近いのどかなところです。

富士山がきれいなんですよね♪

そして富士山と鉄橋を舞台に、華麗に走る電車を撮影する方々がたくさんいます(笑)

 

この事務所でプライベートコンサルティングを行っています。

当事務所にお越しいただいた方には、初回コンサルティング無料にて対応させていただいています。

いつもと違う、リラックスした雰囲気で新しいアイデアを考えていきましょう♪

0 コメント

メッセージを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

©2017 Rabo Communications Corporation. All Rights Reserved.

ユーザー名とパスワードでログイン

ログイン情報を忘れましたか?

お問合せ