佐野隆一

 

良質な歯科医療で患者満足度が高い、臨床のやりがいをスタッフ全員で分かち合える

「臨床と経営を両立した、活気ある歯科医療現場」

これが私の目指すところです

 

私は経済学部で経営を学んだのち、歯科技工のライセンスをとりました

 

歯科医療の現場に触れるにつれ臨床の深さを感じ、ひたすら歯科技工の知識と技術を磨く日々

ある程度できるようになってきたときに、ふと気がつきました…

良質な医療を提供するためには、臨床のスキルだけでは足りない

 

チームアプローチ、スタッフマネジメント、患者さんの信頼…

ここに必要なのは、経営コンサルタントのスキル

 

スタッフのモチベーション強化と業務の効率化、付加価値の最大化

歯科医院のホームページからリーフレットまで、様々な媒体を活用した情報発信

 

現場で実践することを繰り返す中で、あらためて気がつきました

歯科技工も歯科医療も、まだまだ患者様やスタッフに伝えきれていない価値がある

臨床家だからできることがたくさんある!

 

臨床家と経営コンサルタントのスキルと併せ持つことで、歯科医療の臨床と経営をサポートできる

これが、ラボコミュニケーションズの生まれた背景です

 

臨床と経営を両立することで、患者様、歯科医療従事者、社会にとってWin-Win-Winの関係を構築する

歯科医療現場が社会を変えるデンタル1万人のチームアプローチ

これが私のビジョンです

 


 

佐野の考えを講演の中で解説しています。

 

歯科医院の臨床、経営、スタッフ教育をサポートするパートナーデンタルラボラトリー

株式会社ラボコミュニケーションズでは3つのワークメニューを用意しています。

歯科技工業務

適合・咬合・審美を兼ね備えた信頼の歯科技工物

スタッフ研修プログラム

自ら考え行動するスタッフを育成するチーム医療No.1プロジェクト

パートナーコンサルティング

歯科医院のお困りごとを一緒に解決する臨床と経営の視点

 


[/vc_column][/vc_row]

佐野 隆一 Ryuichi Sano

1999年 日本大学経済学部産業経営学科 卒業

2001年 東京医科歯科大学歯学部附属歯科技工士学校 卒業

2001年 医療法人社団幸生 壱番館デンタルオフィス 勤務

2008年 東京医科歯科大学歯学部附属歯科技工士学校 非常勤講師

2009年 スタディグループ D-Technications 設立

2011年 へレウスクルツァージャパン株式会社 勤務

2014年 デンタルデザイン ラボコミュニケーションズ 設立

2014年 へレウスクルツァージャパン(株)公認インストラクター

2015年 日本歯科技工士会 認定講師

2017年 株式会社ラボコミュニケーションズ 設立

主な受講コース

くれなゐ塾(内藤正裕先生)

オーリアラ吉澤セミナー2期(吉澤和之先生)

日本臨床歯科補綴研修会8か月コース(小出馨先生)

総義歯臨床実技コース(深水皓三先生)

 

主な講演/活動

2011年9月 全国歯科技工教育協議会

 「石膏模型から診る口腔環境と臨床対応」

2012年7月 日本歯科技工学会関東支部学術大会

 「若手歯科技工士の考える技術とコミュニケーション」

2014年9月 日本歯科技工学会関東支部学術大会

 「チーム医療における歯科医師と歯科技工士の連携、その発展」

2015年8月 東京デンタルショー

 「患者さん、歯科医院、歯科技工所がWin-Win-Winになるための3つのアプローチ 」

2016年9月 上海デンタルショー

 「今よりも早く確実に!精度が向上する日本式印象法のご紹介」

2018年8月 上海デンタルショー

 「補綴再製をなくすための臨床テクニックー印象編」

2018年9月 千葉県歯科技工士会 千葉支部主催セミナー

 「チェアサイドとラボサイドで進める 咬合調整ゼロを目指した臨床テクニック」

2011年10月 東日本大震災義歯洗浄活動(Japan DT.Aid 宮城にて)

2013年3月 東日本大震災義歯洗浄活動(Japan DT.Aid 福島にて)

 

主な執筆

・ラボコミュニケーションの徹底活用!.歯界展望,2007(8)

・私のターニングポイント「超就職氷河期がもたらした歯科技工への道」.新聞QUINT,2010(5).

・情報発信型歯科技工士 その役割と今後の展望.日本歯技,2010(1)

・デンタルテクニシャンから患者さんへの情報発信と価値の共有.日本歯技,2010(3)

・1歯補綴から考える Dr-DT-DHチームアプローチの本質(前編・後編).QDT,2010(10,11)

・私のスタッフ面接&育成法.ザ・クインテッセンス,2011(5)

東日本大震災における被害・復興・支援活動 311歯科界の記録.日本歯科新聞編,2013(3)

・コバルトクロム合金は陶材焼付用合金の1オプションとなりえるか?.QDT,2012(8)

・陶材焼付用コバルトクロム合金の特徴とその問題点.日本歯技,2012(9)

・CAD/CAMシステムから考察する歯科技工の付加価値.日本歯技,2012(11)

・Technication-「特別」ではない「日々」の臨床へのアプローチ-.QDT,2012(7)-2013(6)

理系生活 先輩理系人からのキャリアアドバイス.学事出版,2015 ※コラム執筆

・選ばれる歯科技工士になるための価値と戦略.日本歯技,2015(11)

・インプラントフレーム設計の自由度を高める 新たな加工法と締結技術.歯科技工,2016(1)

・補綴再製ゼロプロジェクト.歯界展望,2016(4)-2017(3)

再製を防ぐためのラボコミュニケーション.歯科技工別冊,2017(12)

・ベテラン歯科技工士から若手に伝えたい“知の継承”.歯科技工,2018(1,2)

・あなたのラボの歯科技工指示書はどんなアレンジをしていますか?.QDT,2019(2)

 

【書籍】

チェアサイドとラボサイドで共有したい 補綴再製をなくすための臨床テクニック24

 医歯薬出版株式会社 / 2018年6月10日 第1版第1刷発行

 


書籍

 

©2019 Rabo Communications Corporation. All Rights Reserved.

ユーザー名とパスワードでログイン

ログイン情報を忘れましたか?

お問合せ