自然界にあるデザインを見る視点

IMG_20190606_072103

『流れとかたち 万物のデザインを決める新たな物理法則』
エイドリアン・べジャン&J・ペダー・ゼイン

 

・自然界で目にするデザインは偶然の所産ではない。

・(稲妻や河川流域、毛細血管や神経細胞など)この樹状パターンが自然界のいたるところで現れるのは、一点から一領域への流れや一領域から一点への流れを促進するためには、これが効果的なデザインだからだ。

・単細胞生物から魚類、鳥類、人類まで、さまざまな種が現れるというのも、地表での動物の質量をより良く、より効果的に流動させる物語だ。

 

この流動デザインをコンストラクタル法則として、私たちの文化や経済にも当てはめていきます。
 

・たとえば科学は、知識という自らの流れを組織して広めるために、科学法則や学校、信奉者、図書館、定期刊行物、書物といった現実の流路を生み出す。

・経済の流路も時とともに統合性を増し、しだいに流れやすくなると考えるべきだろう。実際、そうなってきており、私たちはそれを「国際化」と呼ぶ。

・文化は、地表にすべて重ね合わせた生物・無生物両方の脈管構造のタペストリーと同じ種類のデザインだ。

 

こうした展開で、日常の見るもの触れるものに、新たな視点を与えてくれます。

 

・生きているとはすなわち、流れ続けること、形を変え続けることなのだ。

・変化する能力を欠いた融通の利かない統治機関は、流れを妨げる避けようもない抵抗形態の一つの表れにすぎない。

・優れたアイデアは移動し、伝わり続ける。流れやすい配置は既存の配置に取ってかわる。それが生命だ。それが私たちの歴史だ。そして、それこそが未来なのだ。


 

この流れをみていくと、自分がどこに位置しているのか?

今後の業界はどうなっていくのか?

大きな視点で考えるヒントがあります。
 

0 コメント

メッセージを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

©2019 Rabo Communications Corporation. All Rights Reserved.

ユーザー名とパスワードでログイン

ログイン情報を忘れましたか?

お問合せ