『なぜ左官屋で女性・若者が活躍できるのか「新たな“プロ”の育て方」』に学ぶ

190530_1

左官業界の現状として、下記問題点があるそうです。

①高齢化:55歳以上が全体の6割

②職人不足

③仕事減少:内装クロス、外装パネル化など

 

職人が足りなければ、左官を使わないで済む手法が使われ、このままでは業界がなくなる…

ブロック積み、防水、タイルなどのコテを使う仕事で多能工化したり、

左官のデザイン化による新しい提案も行っていますが、

業界として、人が育つためにどうするか?

 


■原田左官工業所さんで取り組まれている『職人育成システム』

①モデリング訓練

最初はモデル動画(名人の塗り方ビデオ)をコピーするところから始める。

本人の作業もビデオ撮影、モデル動画と比較して、何が違うかを自分で気づいてもらう。

 

昔は見て覚えた、盗んだ、見て習った(見習い)が、今の子はとまどう。

しかし、教えれば素直にやるのが良いところ。

左官の入り口をつかむと、職人の階段を昇っていける。

 


②年明け披露会

一人前の職人になったことをお披露目する会。

見習工(4年間)の卒業と職人への入学として、一つのゴールと区切りをつくる。

会社やみんなからのお祝い、職人としての決意表明など。

 


③ブラザーシスター制度

定期的に面接:社内ルールの指導、悩みを聞く。

飲み会費用のサポートなど。

辞める多くの理由は人間関係、孤立を避ける。

 

 

技術をすべて動画で教えるわけではなく、その本質は「見て覚える」というのがどういうことかを知ってもらうこと。

会社全体で一人の職人を育てる体制や求人・給与などの具体的な話が参考になりました。

 

ただ、これを表面的にマネしてもあまりうまくいかないかもしれせん。

ポイントは “何をするか” ではないからです(^^)

0 コメント

メッセージを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

©2019 Rabo Communications Corporation. All Rights Reserved.

ユーザー名とパスワードでログイン

ログイン情報を忘れましたか?

お問合せ